副作用の大きさと効能は比例する

黄色い薬と葉

副作用の大きさと効能は比例するというのも事実です。
よく効く薬には副作用も強く表れます。
抗がん剤などがそのよい例です。
効くかもしれないけれど吐き気が出たり毛髪が抜けたりします。
日常的によく使用される市販の風邪薬でさえ、眠くなったり頭がぼーっとしたりします。
病院で処方される薬などは、副作用を調べてみると、あまりにも出るかもしれない副作用が書き並べられていて、そのまま鵜呑みにすると恐ろしくて服用できなくなります。
副作用として症状が出る可能性は個人差が大きいというのも事実です。
合うか合わないか服用してみないとわからない場合もあります。
例えばこの薬には血圧を下げる副作用がありますと書かれてあっても、下がるか下がらないかは飲んで治験しないとわからない部分があるのです。
これは処方する医師にもわからないのです。
すなわち副作用が出なければOK、出たら別の薬に変しかないのです。
「毒にも薬にもなる」という言葉もまた真実で、ある成分が体に合わない場合、市販の頭痛止めの鎮痛剤に含まれていることに気付かず服用して、短時間に発疹が出るなどの激しいアレルギー症状が出るアナフィラキシーショック状態に陥ったなどは、その良い例です。

関連記事
  • 女性用バイアグラはウソっぱち 女性が性的に興奮しないなどで悩んでいる時には女性用バイアグラと呼ばれるものを使えばいいという噂も聞く... 2019年09月24日
  • 緑と黄色のカプセル
    副作用の無い医薬品は無い 副作用の無い医薬品は無いというのは真実です。 ビタミン剤のような第3類医薬品の副作用は少ないかもしれ... 2019年06月30日
  • 白いカプセルと葉
    男はED治療薬、女は避妊薬 性に悩むのは男性ばかりではなく、女性でもあります。 そういう時には男はED治療薬、女は避妊薬を使うと... 2019年08月23日
  • お互いを見ているカップル
    レビトラの飲み方 レビトラはドイツのBayer社が販売している薬です。 バイアグラの後に対抗する薬として開発されました... 2019年06月12日
人気記事一覧
サイト内検索